ウォーターサーバーがあるだけで生活がぐっっと楽になる!?

絶対的に節約になる!

節約

ウォーターサーバーがあれば、わざわざ飲み物を購入する必要はありません。なぜならすぐそこに簡単においしい水が飲めてしまうからです。「お水代が高いんじゃないの?」という意見を持つ方も多くいらっしゃると思いますが、実際に使用したらわかりますが、確実に低コストで済みます。わざわざ飲み物を買いに行って冷蔵庫で冷やして、なくなればまた買ってということをするよりも、冷えたお水をその場で飲めるならそっちのほうが楽だし自然とウォーターサーバーに頼ることになるでしょう。そうすればジュース代もかからなくなり、移動の手間も省けて結果的にお金を使う機会自体も少なくなるのです。自分に合わせた量、料金設定もできるため、もともと使用する段階から節約を視野に入れた使用もできるようになっていますし、無駄に使うことがありません。ある程度のお湯であれば直接出ますし、お湯を沸かす必要もないのです。お水にかかる代金よりも、そのほかの出費が減ることを視野に入れればとても魅力あるものだと思います。

お湯が出る!

ウォーターサーバーを使用していることを話して最も驚かれるのは、お湯が出るということです。お水というイメージが強いと思いますが、このお湯が出るという機能はとても便利なのです。私がウォーターサーバーを使用する決め手となったのはこのお湯が出る機能があったからです。そしてそれは今ウォーターサーバーを利用してて、特に良かったと思えるところです。お湯を使いたいときにすぐにお湯があるというのはすごく便利ですよね、カップスープを作るときもすぐにその場ですぐに作ることができますし、赤ちゃんのミルクもその場ですぐに作ることができます。料理に汁物が一品つくかどうかは全然違うと思います。それが手間暇かからずにできるのはすごく大きなメリットです。

一人暮らしのウォーターサーバーは生活激変!

生活激変

一人暮らしをしていると、身の回りのことは一人でしなければならないことばかりで忙しいですよね。そこでウォーターサーバーがとても役に立ってくれるのです。上記2つの理由からしても、ウォーターサーバーがお水のおいしさだけが売りではないということがわかるでしょう。ウォーターサーバー最大の利点は、その便利さのおかげでいろいろなことが時間の短縮になることだと思います。一人暮らしにとって、少しでも生活が楽になり、時間に余裕ができるということはとても魅力的であると考えます。最近では、一人暮らし用サイズのウォーターサーバーもあるので、ぜひライフスタイルの充実のために活用してみたらいかかでしょうか。

ウォーターサーバーで大きく節約 !

朝の時間が10分増えます。

朝はやらなければならないことがたくさんあって、とてもあわただしいです。そんな忙しい朝に便利なのがウォーターサーバーのお湯。お湯を沸かすのに全く時間がかからないから、コーヒーやお茶、スープ、みそ汁があっという間にできるのです。冷水と熱湯を組み合わせれば温度調節も簡単です。いつでも熱湯と冷水が、レバーを押すだけで使えます。これで朝の時間が10分増えます。

重いペットボトルを買いにいく、手間と時間が節約できます。

水は1リットル1キログラムです。買い物に行けばその重さで買い物袋は重くなり、両手がふさがってしまいます。自宅にボトルが届くウォーターサーバーがあれば、重いペットボトルを買いにいくこともなくなりますし、買いにいく時間の節約にもなります。アクアクララでは、12リットルと7リットルの2タイプのウォーターボトルが用意されていて、ライフスタイルによって選ぶことができます。そして、沖縄から北海道まで宅配で届けてくれるのです。不在の場合でも、あらかじめ場所を決めておけば、空のボトルを引き取って、新しいボトルを置いて行ってくれるので、配達を待つ時間や、再配達の連絡をする手間も節約できます。

料金形態がシンプルで、電気代は業界随一の低価格。

月々に必要な費用は、ボトル代とあんしんサポート代のみで追加料金がかかりません。あんしんサポート料は1000円から1500円で、専門スタッフによる配送設置、サーバーの定期メンテナンス、故障対応も含まれています。電気代は、どのウォーターサーバーを選ぶかによって変わりますが、1か月350円から1000円程。1日にすると約11.5円から32.9円です。この料金で、いつでもお湯と冷水が使えるのですから経済的です。そしてなにより料金形態がわかりやすいので安心です。

ゴミを減らして資源を節約するアクアクララのボトル

アクアクララのボトルは、繰り返し利用できるリターナブルボトルを採用しています。回収されたボトルは、検品、洗浄をして再利用されます。例えば12リットルのボトルでは、500ミリリットルのペットボトル24本分のゴミを減らすことができます。これをペットボトルの原料の石油で考えると、ペットボトルを製造し、私たちの手元に届くまでに、約40グラムの石油を使います。そして、それをリサイクルするのに約150グラムの石油が必要になります。アクアクララのボトルを使用すると、1年間に25メートルプールで25杯分の石油を節約したことになります。お水が安全でおいしいのは当然のことですが、アクアクララのウォーターサーバーを生活に取り入れることは自分の生活だけでなく、環境にとっても大きく節約になるのです。

記事下画像